認定こども園つくし幼保園とは

 つくし保育所(昭和51年4月1日認可)と、つくし幼稚園(平成22年3月29日認可)が連携して一体的に運営する「幼保連携型」の施設です。
 幼保園には、保育所児「長時間利用児」と幼稚園児「短時間利用児」が入園でき、一緒に保育所保育と幼児教育を一体とした保育を受けることができます。
さらに、地域の子育て家庭に 対しての子育て支援「集いの広場事業」も行っています。

保育・教育方針

1. 親と子どもがともに安心できる、家庭的なくつろげる雰囲気のなかで、0歳児から就学前までの一貫した幼児教育・保育を実施する。
2. 子ども一人ひとりの発達に合わせた環境(人的・物的)のなかで、子どもの自主的・主体的な活動をとおし、心身ともに豊かな人間形成の基礎を育てる。
3. 保護者および地域の子育て家庭に対して、育児に関する情報の提供や育児相談に応じ、保護者との二人三脚を大切にした保育を実施する。

保育目標

・明るくのびのびと行動する子ども
・思いやりや優しさのある心豊かな子ども
・みんなと協力して仲良く遊ぶ子ども
・何事にも意欲的に取りくむ子ども
・いろいろ工夫して表現する子ども
・生き物を大切にし感謝の気持ちを持つ子ども